いいね!したくなる女子のつぶやきまとめ♪

林先生「英語ができない親ほど早期英語教育をしようとしている!子どもが伸ばすべきはソフト面よりもハード面!」

林修先生の「早期英語教育やらしてる東大出身の親に会ったことがない」「幼児期にまず伸ばすべきは、語学などのソフト面ではなく、思考力などのハード面!」という発言が話題になっています。

学問・教養
0コメント
81 view
このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

英語ができない親ほど、早期英語教育をしようとしているが、教育の優先順位がおかしいという指摘。幼児期にまず伸ばすべきは、語学などのソフト面ではなく、思考力などのハード面だという感じで話していて、同感。ハードのスペックを高めれば、その分たくさんのソフトを動かせるようになる。 pic.twitter.com/BSZHuUIWXL
この議論、「英語早期教育」「ソフト」「ハード」それぞれの言葉の定義を統一するだけでも相当長時間の詰めと相互理解が必要そう。定義がバラツキやすい言葉ほど色々な意見や反応が出るのは面白い。人によって言葉の理解は違う。それを分かっていないと議論は不毛になってしまう。
日本語レベルで読解力がこれだけ低いとなると、英語より優先順位を高めるべき教育がある、ということを理解するのは難しくないと思う。日本語で読解ができなくて、英語運用はまともなレベル、ということはまずないだろう。 pic.twitter.com/I37dWxn5mX
ほんとこれ。ずっと言ってるけど、わかってもらえないんだなー twitter.com/7_color_world/…
うっ…耳が痛い
生後6か月までに耳にした言語は習得しやすいと聞いてせっせとYouTubeで動画流してた(画面は見せず)。英語できないのコンプレックスなんだよなー twitter.com/7_color_world/…
よく分かる。
私も英語が大好きで勉強したけれど、留学したりして愕然としたんだ、『はなせるネタが無い』という事に…。
逆に言うと話す内容さえ有れば英語が下手だろうが発音が悪かろうが皆んな聞くんだよな。
多分日本人だけだよ、発音気にするのは…。
もっと番組内容知りたいなー。 twitter.com/7_color_world/…
同じく、早期英語教育に懐疑的。

高校時代は英語の偏差値(まだあるのか?)70超えてたが、「何を話していいか」が、わからなくて、結局英語コンプレックスの私。

まずは子どもには「自分で考えて伝える」力を育てたい。 twitter.com/7_color_world/…
これは的を得ている気がして、これに近いことを大学3回生の時に気づいて思考を磨くのを意識するようにし始めた。そして、人の思考の深浅が少しわかるようになって、日本では人口の1割くらいの人が深い思考をするんだとわかった。 twitter.com/7_color_world/…
これに対して早期教育で話せるようになったというのは筋違い。
ハード面を伸ばしてからの方がソフト面を身につけるスピード速くなって、幅も広がるということじゃないのかな。 twitter.com/7_color_world/…
英語なんて本人にやる気があれば何歳でも喋れるようになるのになんでみんなそんな躍起になるのかわからん。それ以前に母国語能力確立した方がいいに決まってる。子どもに英語やらせるなら自分が英語勉強したらよろしい。 twitter.com/7_color_world/…
「言葉に多くの歳月をかけ、事物を知ることに用いるべき時間を言葉の習得に費やして、もはや事物に専念する方策も余裕も無くなってしまうのは大きな誤りではなかろうか」Louis Le Roy
16世紀フランス、学校で子供達がラテン語で学びラテン語で会話することを求められていた時代のこと twitter.com/7_color_world/…
英語が流暢に話せたとしても、日本語で薄っぺらな話しかできないなら、英語で深みのある話ができるはずもない。そういうことだよね。
twitter.com/7_color_world/…

コメント

名前:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のまとめ!

公式ツイッターアカウント!

新着まとめ!

ランダムピックアップ!