いいね!したくなる女子のつぶやきまとめ♪

アンタビュース(ノックビン)というアルコール依存症治療薬にがん治療の可能性。

アンタビュース(ノックビン)というアルコール依存症の薬に抗がん効果の可能性が認められ、現在研究が進んでいるそうです。

学問・教養
0コメント
147 view
このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

natureasia.com/ja-jp/nature/p…

Natureと言う有名論文誌でも取り扱っています。
本薬を改めて再開発するとのこと。
医学世界はわかりませんが、癌の薬が出来ることは嬉しい。
しかも既存の薬からの転用ならば比較的安価なのかな。 twitter.com/raurublock/sta…
これかな? > 【がん】がん治療に有望視されるアルコール依存症治療薬 | Nature | Nature Research: natureasia.com/ja-jp/nature/p… twitter.com/raurublock/sta…
面白い!<(^q^)>
要約。『嫌酒薬』がなんだかしらねえけど癌に効いてるっぽいぞ、という情報は40年くらい前からあったのが、癌に作用するメカニズムがとうとう判明した。ただし「既存の癌治療薬より優秀かどうかはまだなんとも言えないからあんまり期待すんなよ(学者チーム談)」というお話らしい。 twitter.com/raurublock/sta…
1977年に発表された最初の事例は癌とアルコール依存を患っていた女性。癌ではなく、窓から転落して亡くなった。癌の進行が止まったように見え、服用していたのはアンタビュースだけだったというもの。癌は殺し、正常な細胞は傷つけない。この研究が実証されれば映画になりそうなストーリー。 twitter.com/raurublock/sta…
専門用語多いしよく分からんが不要なタンパク質やがん細胞の成長を止めるぽいね。
医療クラスタが翻訳するだろうから詳細待とう…。
アンタビュースって日本で使われてるっけ?
元記事を読んだけどアルデヒドヒドロキナーゼを使えんようにするからホルムアルデヒドが体に残るんで酒やめれますって薬やな。とにかく副反応の部分が癌に有用っぽいのは確からしい。 twitter.com/raurublock/sta…
NPL4は直後に出てくるp97酵素の補因子で、アンタビュースはこの2つの結合が離れなくする作用があるとのこと。これよりp97によるATPを介したタンパク質分解が阻害され、ガン細胞は死に至る。なぜ正常細胞に効かないのかは不明とのこと
twitter.com/raurublock/sta…
@raurublock 元記事が間違えているのですが、アンタビュースはアセトアルデヒドの分解を阻害する物質です。アルコールの分解を阻害するのではありません。

アルコールの分解が阻害されると、むしろ酩酊が続いて気分が良くなります。
@tarokotani ですよねー、一杯で楽しくなっちゃう薬かと思って、あれ?ってなりました。
その時完璧に理解できなくてもいずれ追いつくって感じだね。
やっぱ研究者は素晴らしい twitter.com/raurublock/sta…

コメント

名前:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のまとめ!

公式ツイッターアカウント!

新着まとめ!

ランダムピックアップ!