いいね!したくなる女子のつぶやきまとめ♪

【映画】「未来を花束にして」を見てきた人の感想は!?

2017年1月27日公開の映画「未来を花束にして」の感想をまとめてみました!綺麗なタイトルと裏腹にとってもハードな内容みたいですね・・!

エンタメ・カルチャー
0コメント
466 view
このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

週末公開の映画はこれ! 名優ぞろいの『未来を花束にして』ほか1月最終週のコレ観なきゃウィークエンド goo.gl/mGs3F3 via @ellecinemajapan pic.twitter.com/UdVzFRSFJ6
ベンウィショー目当てでみたけど、未来を花束にしても、わんわん泣きながら見ちゃったな…女性には何の権利もない時代。こうしたい!と思っても夢で終わっちゃうんだもんなあ…もどかしい気持ちで鑑賞しました。 pic.twitter.com/ZH3Vq7k3yU
女性参政権運動の中でも武闘派であるサフラジェットの闘争を描いた映画『未来を花束にして』を観ました。
内容的に、キャッチコピーはこうした方がいいと思います。 pic.twitter.com/f5ndswQ8gQ
ちょっと重い映画だったけど、見てよかった。 #未来を花束にして
「未来を花束にして」、人間の意識が変わる瞬間が見えた
未来を花束にして、テーマとしては前向きなメッセージを伝えてるんだけどね、心ズタズタにされる
観劇の後に
今日公開した未来を花束にしてという映画を見てきたんだけど、
思ったよりもすごい過酷で
思わぬとこで涙したり

戦う女性は本当にカッコよかった
「未来を花束にして」 キャリー・マリガンは薄幸な役ほど輝く..つらいときのうつろな表情とか、息子といるときはきらっきらして息子をぎゅうっと抱きしめるところとかたまらない。
未来を花束にして、主人公たちがやってることは過激なテロリズムのようで驚いた。穏便に50年(!)運動を続けていても何も変わらなかったのだという。見ててつらかった、痛かった、ただ性別がちがうだけでこんな目にあわされていたなんて。そしてベン・ウィショーにはあの役してほしくなかったな!
あらすじ等読む限り「未来を花束にして💐」なんて生温い内容じゃないし…本編観たら\何が未来を花束にしてだよ馬鹿野郎〜‼︎‼︎‼︎/って言いそう。今すぐ行動せよってキャッチコピーすら100年後のあなたにとか変えちゃうし…そんなに穏やかそうに偽らないとならない売り出し方って何…
「未来を花束にして」予想通りよかった…。モードを取り巻く状況からこの時代のことが読み取れてひりひりする。けど一度権利のための戦いに身を投じると決めた後の凛とした姿が格好いい。サフラジェット皆信念に基づいた行動を起こしてて素敵なんだよ格好良いんだよー。
「未来を花束にして」(Suffragette)面白かった。20世紀頭の女性参政権を巡る活動家の映画なんだけどvote for women!!言いながら石を投げたりダイナマイト投げつけたり自爆するあたり最高にドープ。

コメント

名前:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のまとめ!

公式ツイッターアカウント!

新着まとめ!

ランダムピックアップ!